唇にハリ・ツヤ・潤いを。皮剥け乾燥唇の治療薬ラシャスリップとは?

医療関係

あなたはがカサカサで嫌だなと思ってことはありますか?

乾燥し過ぎて、いつも皮がむけています。

唇に縦じわが入って、歳をとったように見えて嫌だわ!

あなたの唇をそんな風に感じたことはありませんか?

 

私も乾燥で唇がよく皮向けを起こし、白っぽくなり、縦じわが多くなって困っていました。

 

これらの現象って、顔が歳とって見える原因にもなります。

さらに、皮が剥けそうになると、自分で引っ張って剥こうとしたり、その時に血が出てしまったりしました。

 

それが、クリニックでも売っているグロスを使うだけで、唇がプルプルになり、ハリが出て、皮がむけにくくなるって知っていますか?

 

今回の記事は、

  • 唇が乾燥しやすい人
  • 唇の皮剝けが多い人
  • 唇にハリがなくなり、縦じわが多くて、歳とって見える人

に、オススメの上記の悩みを解消できる、クリニックでも売っているグロスをオススメします。

 

スポンサーリンク

潤いたっぷりの唇に。皮剥け乾燥唇の治療薬ラシャスリップの効果とは?

 

唇の潤い改善にオススメするのが、ラシャスリップです。

これは、クリニックでも売っている唇の乾燥を改善するグロスになります。

潤いたっぷり唇に。皮剥け乾燥唇の治療薬ラシャスリップとは?

まずは、ラシャスリップとはどのようなものなのでしょうか?

商品は、こちらになります。

こちらは、透明のグロスになります。

 

もちろん、色つきのグロスもあります。

 

一般的なグロスと同じように見えますね。

実は、こちらの商品、「塗るヒアルロン酸」とも言われています。

美容整形でも使われるヒアルロン酸の効果を持ち、しかも塗るだけで唇の悩み改善効果のあるグロスなのです!

 

こちらをオススメする理由が、潤い唇のためでなく、唇に対するあなたの悩みを改善する効果がるからです。

 

クリニックで働いていると、

  • 唇のボリュームを増やしたい
  • もっと唇を「ぷるっ」とさせたい
  • 唇の縦じわが気になる

ということで、唇に「ヒアルロン酸」を打ちに来る患者さんが多いです。

 

確かに、唇にヒアルロン酸を入れてると、ボリュームアップにつながります。

ですが、もしあなたの希望が、

  • 唇表面の「ぷるっ」とする潤いが欲しい
  • 唇の縦じわ改善
  • 皮が剥けやすくて白くなっているのを治したい

ということでしたら、私は「ラシャスリップ」をオススメします。

 

ヒアルロン酸注入をオススメする人は、

  • 唇の左右もしくは上下のボリューム差が気になるひと
  • 唇の表面の潤いよりも、ぽってりさせたい人

という希望がある人には、オススメします。

 

ですが、ヒアルロン酸の唇への注入は痛いですし、半年〜1年で吸収されてしまうため、時間が経過したら再度注入する必要もあります。

また、内出血や、場合によっては唇のゴツゴツ感などの副作用も気になる場合もあります。

 

それなので、唇表面の問題や、ちょっとした「ぷるっ」と感でしたら、まずはラシャスリップを試してみてはいかがでしょうか。

 

潤いたっぷり唇に。皮剥け乾燥唇の治療薬ラシャスリップに含まれる成分とは?

カサカサ乾燥唇の治療薬ラシャスリップに含まれる成分は以下のものです。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンC, E, K
  • 保湿オイル

 

それぞれの効果は以下の通りです。

ヒアルロン酸が皮剥けの乾燥唇を治す理由は?

ヒアルロン酸は、水を多く保持する作用のある高分子成分なので、保湿効果がとても高いのです。

もともと人の体にあるものなので、外から体内に入れても安全です。

加齢とともに、減少すると言われていますので、外から補うことは肌の保湿を保つには重要になってきます。

 

コラーゲンが皮剥けの乾燥唇を治す理由は?

コラーゲンは、体にもともとあるタンパク質の一つです。

皮膚や腱、軟骨にあり、それぞれの柔軟性を保つように働いています。

しかし、コラーゲンは20歳過ぎると、老化とともに減少すると言われています。

歳をとって、血管や関節が硬くなるのは、コラーゲンの減少によると言われています。

 

唇も一緒で、コラーゲンを補うことでハリ弾力性を増加させることができます。

 

ビタミンC, E, Kが皮剥けの乾燥唇を治す理由は?

ビタミン, E, Kは抗酸化作用のあるビタミンです。

抗酸化作用とは、細胞が体内の活性酸素によって障害を受けて老化するのを防いでくれる効果のことです。

それなので、抗酸化作用のある成分は、アンチエイジング(抗老化)作用があると考えられています。

 

唇も、老化するとカサカサでボリュームのない唇になってしまいますので、それを今後予防してくれる成分が入っています。

 

保湿オイルが皮剥けの乾燥唇を治す理由は?

唇表面の皮が剥けたり縦じわが多いのは、唇が乾燥しているために起こります。

リップクリームを塗っても、塗ったその時はいいのですが、時間を置くとすぐ乾燥したり、飲み物を飲むとリップクリームが取れてしまうという経験はありませんでしたか?

 

ラシャスリップに入っている保湿オイルは、天然成分由来のヒマシ油、ホホバオイル、杏仁油、グレープシードオイル、アボガドオイルを配合しています。

ヒアルロン酸やコラーゲンの効果と相乗し、通常のリップクリームよりも持続性の高い保湿力を示してくれます。

 

潤いたっぷり唇に。皮剥け乾燥唇の治療薬ラシャスリップの使い方とは?

一般的に、グロスはメイクをする時に使います。

ラシャスリップも同じように使えばいいのですが、個人的にオススメなのは、本格的な、「乾燥唇の治療」です。

 

乾燥唇で、いつも皮が剥けている、縦じわが多いのは、歳をとって見えてしまいます。

ですが、ラシャスリップを使うと、根本からそのような唇を治すことができます。

 

それなので、出かける時でなければ、透明のものを使うのをオススメします。

 

 

できれば、最初の5〜7日は、朝晩使ってください。

夜寝るときに色つき用のグロスを使うと枕が汚れるかもしれませんので、そういった意味で透明のラシャスリップをオススメします。

 

ラシャスリップの付け始めは、ピリピリします。

皮が剥けて血が出てしまっている人は、慣れるまで本当に痛いと思います。

けれど、それを続けていくと、自然と唇の縦じわが取れて、皮が剥けなくなり、ぷっくりしてきます。

 

そして、乾燥唇が治ってくると、ラシャスリップをつけても痛みが出ません。

 

そのような状態になったら、ラシャスリップの使用は数日に1回で問題ありません。

もちろん、お出かけの時におしゃれで使っていただく分には全く問題ありません。

やや高価なものなので、一度唇が皮むけしなくなり、ふっくらしてきたら、私は普通の口紅やグロスで十分だと思います。

 

そして、その後ほとんど唇の縦じわや皮向けが気にならなくなったら、月に数回にしても問題ないです。

私は現在、思い出したら使っているくらいで、数ヶ月間をおくこともあります。

 

ただ、ヒトは老化していますので、使わないでいると、また乾燥が強くなったり縦じわが出てきます。

それなので、月1くらいは定期的に使うと、あなたの唇は驚くほど艶とボリュームがあって魅力的な唇となりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

以前の私は、あまりメイクにも興味なく、リップクリームも気が向いたらつけるくらいでした。

 

唇の皮が剥けるのも「いつものこと」と思っていましたが、同年代の人が潤いとハリのある唇をしていて、とても明るく綺麗に見えることにびっくりしました。

 

肌のハリやシワは気にしていましたが、唇の老化を気にしている人って少ないと思います。

けれど唇にハリがあるだけで、とてもみずみずしく若く見えるものなのです!

 

あなたも、お肌の手入れもそうですが、唇の手入れをすることで、さらに一歩素敵なあなたに慣れることを知ってもらえれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました