【どうぶつの森】で英語を学ぼう!I’ve been meaning to~

英語

Switchで流行っている、『あつまれ どうぶつの森』や、スマホで遊べる『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、言語の設定を「英語」にすると、英語でゲームを遊ぶことができます。

 

今日は、『どうぶつの森』に出てる英語、

I’ve been meaning to~

についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

I’ve been meaning to ~: ずっと〜しようと思っていた

まずは、この英語を使っている場面から見ていきましょう!

狼のWhitneyちゃんが言っています。

“Oh, I’ve been meaning to ask.”

日本語訳をすると、「ずっと聞きたいことがあったんだけど

になります。

 

今回は、この中でも ” I’ve been meaning to ~” に注目していきたいと思います。

この” I’ve been meaning to ~” の日本語訳は、

ずっと〜しようと思っていた

ということになります。

これは、イディオム(決まった言い回し)になっていますので、そのまま覚えてしまっていいと思います。

 

それなので、Whitneyちゃんが言ったことを正確に日本語に訳すると、

「ずっと尋ねたいと思っていました」

となりますが、もう少し自然な日本語に訳すると、

ずっと聞きたいことがあったんだけど」とか、「ずっと聞こうと思ってたんだけど」という表現になります。

 

スポンサーリンク

 

I’ve been meaning to ask の使い方

まずは、どういった使い方があるか学びましょう。

I’ve been meaning to~ が含まれる文を紹介します。

そのまま覚えてしまうのも、英語の習得で大事なことです。

 

  • I’ve been meaning to tell you.  「ずっと言おうと思っていたんだけれど」
  • I’ve been meaning to go there.  「ずっと行こうと思っていたんですが」

ちょっとひと工夫すると、この表現を使った少し長めの文章にも応用できます。

  • There’s something I’ve been meaning to ask you.  

   「ずっと聞こうと思っていたことがあるのですが」

という文章も、簡単に言うことができるようになりますよ。

 

スポンサーリンク

 

I’ve been meaning to ~  の文法構造

この英文の基本は、現在完了形の文章です。

I have + 動詞の過去分詞

となります。

それに、進行形 (be動詞 + ~ing) が加わって、

I have been ~ing

という現在完了進行形という形になりますので、「過去から今までずっと〜だった」という意味が根本にあります。

 

例えば、ずっと借りていた本を返す時など、

I’m sorry but I’ve been meaning to give it back to you.

「ごめんね、ずっとこれを返そうと思っていたんだけど」

と言うと、

「忘れていた訳じゃないよ。本当にずっと返そうと思っていて…」

というニュアンスが伝わりますよね。

 

スポンサーリンク

 

英会話のワンポイント

今回注目したイディオムは、

I’ve been meaning to ~

でしたが、実際の英会話のチェックポイントをもう少しお伝えします。

 

日本語もそうですが、英語を話す人は、短い言葉で言うことが多いです。

それなので、今回の記事で出てきた英語の中でも、

I have been → I’ve been

There is → There’s 

は、短くして言うことを心掛けますと、英語を話す人にとって「自然に」聞こえるようになります。

 

英会話に興味がある、英語を上手に話せるようになりたいという人は、是非、そのことを意識して話してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました