[ミニマリスト節約術]#買い物しないチャレンジ 成功の3つの秘訣は?

ミニマリスト

あなたは上手に節約ができていますか?

 

あなたが節約してお金を貯めたいと思っている時に、とても大事になってくる考えが「買い物をしない」ということです。

 

そんなの当たり前でしょう!

と思っている人もいるかと思います。

ですが、意外にこれが難しいのです。

 

気がついたらお金が無くなっていた

何に使ったか分からない

ということはありませんか?

 

お金を貯めたいと思っている時にするべき行動は単純です。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

 

この2つのうち、収入を増やすことに比べると、支出を減らす方が簡単ではありませんか?

 

同じ収入でも、1ヶ月の支出を下げるとあなたはお金を貯めることが出来ます。

 

それなので、あなたが毎月の支出を減らしたいと思っていましたら、「#買い物しないチャレンジ」をしてみませんか?

 

今までのあなたの買い物に対する行動を見直すことで、あなたは身の回りの物が少ないシンプルな生活を成功させ、更にお金も貯まるという生活を手にすることができるようになりますよ!

 

スポンサーリンク

[ミニマリスト節約術]#買い物しないチャレンジ 成功の3つの秘訣は?

私は、これまでは身の回りの物が多く、整理ができていない部屋の中で説明出来ないストレスを抱えた生活をしていました。

 

けれど、ミニマリストという言葉に出会い、身の回りの物を少なくしてシンプルに生きることを意識してから、ストレスの少ない生活ができていることに気がつきました。

 

更に、そのシンプルな生活を維持するために、買い物に対する考えを変えるようにしました。

そして始めたのが、「#買い物しないチャレンジ」 です!

 

これは、今まで浪費していた支出を見直して、必要のない買い物はしないという生活スタイルを築き上げるための挑戦です

 

シンプルな生活を維持するための、#買い物しないチャレンジ のポイントはたった3つです。

  • 生活費を固定する
  • 買い物しないチャレンジの支出を確認する
  • 買い物以外の趣味を考える

 

あなたも、今の生活から上記の3つのポイントを見直してみて、シンプルな生活、お金の貯まる生活を実践してみませんか?

 

[ミニマリスト節約術]#買い物しないチャレンジ 成功の3つの秘訣は? ①生活費を固定する

まず、あなたは自身の生活費にいくらかかっているか知っていますか?

 

なんとなく分かっているという人は多いと思いますが、1ヶ月きちんと計算してみると意外に知らなかった出費もあったことに気がつきます。

 

私も初めて自分で出費を書き出して計算した時には驚きました。

自分で思っていた生活費より、倍くらいの支出があったからです。

家賃はいくら、交通費はいくら、食費はいくら…、そういうことは把握していたのですが、合算してみると合計額が予想をしなかった額だったのです。

 

それなので、生活費が目的別にいくらかかっているか分かっている人でも、一度生活費の合算を出してみてください。

 

そして、その絶対に必要な支出(家賃、光熱費、交通費など)は固定費として頭に入れておくと、それ以外の支出にいくら使ったのかも計算しやすくなります。

 

例えば、私の場合の生活固定費は、以下の通りです。

支出 私の支出 あなたの支出
家賃 3.3万  
光熱費 1万  
交通費 2万  
健康費 3.6万  
保険 2万  
合計 約12万円  

 

私の場合は、固定の支出として「健康費」があります。

これは、月2回のマッサージ(1回 1.5万円)とジム代 (6,000円) が入っています。

私は、健康将来の自分への投資と考え、体のメンテナンスに関しては支出をしようと思っています。

 

あなたの生活固定費はいくらぐらいでしょうか?

 

[ミニマリスト節約術]#買い物しないチャレンジ 成功の3つの秘訣は? ②買い物しないチャレンジの支出を確認する

次に、生活費以外の支出を分類してみて下さい。

 

以下の項目における、あなたの毎月の出費はどのくらいだったでしょうか?

  • 食費
  • 交際費 
  • 被服費
  • 遊興費
  • 自己投資

など、様々な支出の項目がありますが、どこか突出して出費が多いことってありませんか?

 

あなたが友人と過ごす時間を大切にしていたり、仕事関係の人とのつながりを大事に考えていたら、「交際費」が多いと思います。

ファッションの好きな人なら、「被服費」が多めに算出されると思います。

本を読むことが好きな人は、「自己投資/書籍代」の支出が多いのでしょう。

 

生活固定費以外で、あなたの最大の支出はどの項目でしたか?

 

その毎月の最大の支出は、「あなたにとって本当に必要な額だろうか?」と一度立ち止まって考えてみて下さい。

 

被服費が多い人は、買った服は全部大切に着ていますか?

実は洋服を買ったけれど、袋から出してさえいない洋服はありませんか?

 

本が好きな人は、買った本を全部読んでいますか?

いつか読もうと思って、「積読」になってしまっている人はいませんか?

 

もし当てはまることがありましたら、それがあなたが出来る #買い物しないチャレンジ の支出です。

例えば、

  • 今シーズンは洋服を買わないで、まだ袋さえ開けていない洋服を確認して着てみる
  • しばらく新しい本は買わないで、まずは買いっぱなしで読んでない本を全部読破する

ということをしてみて下さい。

 

そうすると、あなたはその月の支出がいつもに比べて少ないことに驚くでしょう。

そして、買いっぱなしにしてしまって使っていない物があるという、あなたの癖に気が付くことでしょう。

 

1項目でもそのような癖に気がついたら、あなたは別の支出にも徐々に目がいくようになり、どれが必要な支出で、どれが必要ない支出なのか考えてから買う癖がつくようになります。

 

そして、新たに気がついた項目を1つずつ、#買い物しないチャレンジ をしてみて下さい!

 

[ミニマリスト節約術]#買い物しないチャレンジ 成功の3つの秘訣は? ③買い物以外の趣味を考える

あなたは、買い物以外のストレス発散法を持っていますか?

 

あなたが今まで意識せず買い物をしていた場合、例えばちょっと暇な時間があった時に、ついつい「買い物に行こうかな」という癖があったとしたら、気をつけないといけません。

 

急に買い物をしなくなったら、ストレスを感じるようになるかもしれません。

買い物って、品物を手に入れる時のワクワクした高揚感が、意外にストレス発散になったりするのです。

 

それなので急に買い物をしないという行動を取ろうとすると、あなたは手持ち無沙汰を感じるかもしれません。

もしかしたらストレスで、急にどこかのタイミングで衝動買いをしてしまうかもしれません。

 

それなので、#買い物しないチャレンジ を成功させる大事なポイントとして、

買い物以外に楽しいと思うことを探すこと

です。

 

ふと時間のある時についついしていた買い物以外の「何か楽しいこと」に目を向けたり、それを考えたりすることで、ストレスなく、買い物から意識を逸らすことが重要です。

あなたはその趣味を持っていますか?

 

例えば、前から見たいと思っていたドラマや映画を一気見するとかでも構いません。

手の込んだ料理を作ってみるとかも素敵ですね!

この際、時間を作って何かの資格試験に挑戦してみようというのも良いのではないでしょうか?

 

そうすることで、買い物に費やしていたお金や時間が、あなた自身のための投資に使えるお金や時間になるのです。

 

大事なことは、意識して、買い物のこと以外を考えるようにしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

まとめ

あなたの #買い物しないチャレンジ の支出項目は決まりそうですか?

私の #買い物しないチャレンジ は、

  • 洋服・カバン・アクセサリーは買わない
  • 外食は週1回まで
  • 旅行は控える

という点です。

 

まず、洋服は着れる物がたくさんあるのに更に買ってしまっていたので、クローゼットがパンパンになっていて、いつも整理されていない洋服を見るたびに嫌な気持ちになっていました。

 

今は#買い物しないチャレンジを始めてみて、今ある洋服を大事に着る大切さをすごく実感しているところです。

もちろん、しばらく新しい洋服を買わなくても、持っている洋服で十分満足しています。

 

 

外食や旅行に関しては、ちょうど時期的にコロナの影響もあり、今まで仕事後の外食が減ったり、ストレス発散のためにしていた旅行ができなくなりました。

そうしてみると、思ったよりもお金を使わない生活ができるようになり、毎月貯金に回せる額が増えていくのを見ると心穏やかな気持ちになれます。

 

今考えてみると、あれだけ頻回に行っていた外食や旅行って、本当に必要だったのかな?と疑問に思うようになりました。

 

今もたまに外食はしています。

ですが、かなり頻度が下がったからといって、周りの友人や仕事上の付き合いがある人との関係が悪くなるかというとそういう訳ではありません。

 

こう考えると、自分では必要と思っていた支出も、実はそれほど必要でなかったということもたくさんあります。

 

それなので、あなたももし支出が多くて貯金に回せないと思うことがありましたら、一度 #買い物しないチャレンジ をしてみたらどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました