30代で老後と言う厚切りジェイソンさんの『FIRE』という生き方とは?

FIRE

お笑いタレントの厚切りジェイソンさんをご存知でしょうか?

日本で活躍するお笑いタレントさんですが、IT会社の役員でもある方です。

 

その厚切りジェイソンさんが、既に「老後」を楽しんでいるという事は知っていますか?

厚切りジェイソンさんは、現在30代です。

そのような30代の方が「老後」とは、どういうことか不思議に思う人もいるでしょう。

 

それは、彼は【FIRE】という状態を達成し、既にこれ以上労働をしなくても今後の生活費を賄う資産を既に手に入れているという状態なのです。

 

そりゃ、芸能界で活躍していればたくさんお金をもらえるからでしょう?

という疑問も当然です。

ですが、彼が資産を成して30代で「老後を手に入れた」方法は、芸能界で活躍していたからではないのです!

 

是非一緒に厚切りジェイソンさんが30代で老後を手に入れた【FIRE】という生き方を検証し、私たちにも出来るか見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

30代で老後を手に入れた厚切りジェイソンの『FIRE』という生き方とは?

経済的自由と、手に入れた「30代で老後」という意味とは?

あなたは、FIREという生き方を聞いた事がありますか?

 

FIREとは、Financial independence, Retire early という言葉の略語で、日本語では「経済的自立早期退職」という意味になります。

 

そうです、既に厚切りジェイソンさんは、FIREを達成し、早期退職をしている状態なのです。

でもテレビにも出ていますし、

まだ、働いていますよね?

と思う方もいるでしょう。

 

彼が今している事は、「生活費を稼ぐための仕事」ではなく、「楽しい事」をしているだけなのです。

何故なら、厚切りジェイソンさんは既に、これ以上労働をしなくても今後の生活費を賄う資産を既に手に入れているという状態なので、彼のしている事は全て「楽しい事」なのです。

この状態が、FIREが達成した状態、すなわち経済的自立を確立し、早期退職した状態なのです。

 

FIREが達成した状態であれば、その後にやっている事は収入がどのくらい、何時間働かないといけないという事に縛られません。

また、自分が「楽しい事」と思えなければ、それをしなくても、全く生活に支障はないのです。

実際に厚切りジェイソンさんも、既に早期退職し、気持ちの面で「老後」を過ごしている状態だと言っていました。

 

すなわち、収入を気にせず、自分の「趣味」を存分に楽しむ事ができる状態なのです。

これこそ、経済的自由ですよね!

 

これなら、厚切りジェイソンさんが今の状態を「老後」と表現している意味が分かりますよね。

 

経済的自由を手に入れていない状態とは?

その状態に比べて私たちが日頃している仕事は、「経済的自立ではない」のです。

「経済的に縛られている」仕事なのです。

これは、私達は「仕事をしないと生きていけない」という事です。

それは仕事が、楽しいと思えなくても、辛い事であっても、続けていかないと生活が成り立たないという状態なのです。

仕事を辞めると、家賃はどうなりますか?食費はどうなりますか?

生きていけないですよね。

 

それに対して「経済的自立」とは、「仕事をしなくても定期的にお金が入ってくる仕組みを既に作り上げた状態」という事を意味します。

それなので、はっきり言うと、「仕事をしなくても生きていける状態」という事ですよね!

 

あなたはどちらの生き方を希望しますか?

もし、「経済的自由」の状態で生きていきたいのでしたら、是非厚切りジェイソンさんが実践した「FIREの達成の仕方」に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

 

経済的自由(FIRE)を手に入れるために、厚切りジェイソンさんがした事は?

 

もし、厚切りジェイソンさんのように、経済的自由を手に入れて早期退職がしたければ、彼のした事を知る必要があります。

 

経済的自由を手に入れるために厚切りジェイソンさんがやった事は、以下の2点です。

  1. 最大限の節約を心がけて、収入の大部分を投資に回す
  2. 投資は、S&P 500インデックスファンドのみ

これだけだと分からない部分もあると思いますので、以下にもう少し具体的に説明していきます。

最大限の節約を心掛けて、収入の大部分を投資に回す2つの意味は?

最大限の節約とは?

最大限の節約とは、どのくらいの事でしょうか?

実際に厚切りジェイソンさんは、

収入の9割を投資に回していた

とのことです。

 

あなたは、収入の何%を貯蓄・投資に回していますか?

 

本気で将来の早い時点で、いわゆる30代や40代で早期リタイアを求める場合は、そのくらいの割合で貯蓄する必要があるという意味です。

当然ですよね。

収入のほとんどを生活費や娯楽費で使っているのならば、「早期リタイアしたい」という事は叶いません。

ですが、今日からで良いのです。

経済的自由を手に入れて早期リタイアするには、今日から本気になって節約をして、貯蓄を始めませんか?

 

「貯金」ではなく「投資」の意味は?

そして、厚切りジェイソンさんは、節約した分の収入を「投資」に回せと言っています。

「銀行に貯金」ではなく、「投資」をしろ!という事です。

どうしてなのでしょうか?

 

早期リタイアで大事な事は、「資産形成」です。

なるべく早く資産形成するためには、休んでいるお金にも働いてもらう必要があります。

お金にも働いてもらって、お金を稼いでもらう」という思考なのです。

 

しかし残念ながら、銀行では、殆どお金に働いてもらう事は不可能だからです。

これは、日本の銀行の利子が既にかなり低いから、「銀行に預けていても(ほとんど)お金が増えない」という事です。

銀行に預けておいてもお金が増えないのであれば、「お金を増やせる場所」に置いてお金にも働いて貰えば良いのです。

それが「投資」なのです。

 

投資というと、「お金が減る可能性がある」「ギャンブルだ」と心配してしまう人もいると思います。

確かに、デイトレードと言って、1日中パソコンの前に張り付いていて、「株価が上がった」「株価が下がった」という事をする人もいます。

ですが、今回言っている「投資」というのは、貯金をしているのと一緒で「お金を投資信託(もしくは株)に変えて、証券口座に入れっぱなしにしておく」というものです。

それなので、毎日パソコンの前に張り付いて、株価をチェックして売買する必要はありません。

逆に、買い足しはするけれど、一度買ったら数年は放っておくもの、と考えた方が正しいです。

銀行で貯金するのと一緒ですよね。

貯蓄用の銀行口座を毎日チェックしても、何も変わらないですよね。

 

投資の場合は、価格が変わらないという事はありませんが、基本的に「長期運用」すると考えて下さい。

厚切りジェイソンさんが推奨している投資信託(もしくは株)は、確かに1日1日の価格は上下しますが、長期的に見ると価格が上昇するという過去の実績を持っているものなのです。

 

それなので、追加投資はするものの、買ったものは10年、15年長期運用(証券口座で放置)させる事で、平均で年3〜8%の利率で資産を増やせる方法なのです。

 

投資は、S&P 500インデックスファンドのみとは?

では、長期運用で安定して年3~8%資産を増やせる投資などあるのでしょうか?

 

それが、厚切りジェイソンさんが買っている、「S&P 500インデックスファンド」なのです。

こちらの投資のための商品は、投資信託やETFで買う事が出来ます。

有名な証券会社としては、SBI証券や楽天証券などがあり、もちろんこれらの証券会社で「S&P 500インデックスファンド」を購入する事が出来ます。

(商品としては複数あります)

 

何故こちらの商品を厚切りジェイソンがオススメしているかというと、過去の実績から、価格の多少の上下はあるものの、手堅く着実に価格を上げてきたものであるからです。

もちろん未来の保証は出来ませんが、過去の長期の実績からするとおそらく今後も同じように伸びていくものと考えられています。

 

ただし、このインデックスファンドは、買ったからといって1年で何倍にも資産が伸びるものではありません。

手堅く買い足して、何年も長期保有する事で、徐々に資産額が伸びるというものです。

 

それなので、厚切りジェイソンさんは仕事をしながら、この「インデックスファンド」を手堅く買い足し、目標額まで資産形成が出来たため、経済的自由を手に入れたと宣言したのです。

 

 

スポンサーリンク

経済的自由(FIRE)を手に入れるために資産形成をした後は、どのように資産を維持していくのか?

 

せっかくある程度の年数をかけて資産形成しても、それを毎年切り崩して生活していくと、将来が不安になりますよね。

その時に役立つのが、全章でも述べた、「投資信託インデックスファンド)」なのです。

 

投資信託インデックスファンド)」は保有し続ければ、過去の実績から年平均ですが3〜8%くらいの割合で増えていくと考えられます。

それなので、この増えた分だけ生活費に充てれば、元本を減らす事なく長年生活する事ができるのです。

 

例えば、資産として5000万円を形成した場合は、例えば年4%の評価額の上昇が見込めると考えますと、

5000万円 x 4% = 200万

となりますので、あなたが何もしなくても、年200万円資産が増加します。

それなので、この増加分200万円を1年分の生活費として使えば、

月平均 16万ほどで生活を続ければ、資産は減らない

という考えになります。

 

例えば、完全リタイアでなくても、セミリタイアとして資産年200万を使いながらたまに収入を得る仕事をするという考えもあります。

その場合は、もう少しリッチな生活が出来ますし、場合によってはセミリタイアをしながら更に投資を増やしていくこともできます。

そうすれば、将来的に資産が増えれば、投資信託から得られる配当金も増えますので、将来的には年300~400万くらい使えるようになることも考えられます。

 

あとは、あなたが年にどのくらい生活費が必要なのか、いつセミリタイアもしくは完全リタイアをするのかという人生計画にもよりますよね。

 

そう考えながら生活をして貯蓄をしていくと、将来の生活が楽しみで仕方ないですよね?

そして、将来のお金の不安を抱えながら生活するよりも、将来の楽しみのために今現在もワクワクしながら節約生活をする方が絶対良いですよね!

 

このFIREという生き方は、現代の実際の日本人の方も達成出来た考え方ですので、あなたにとっても他人事ではありませんよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

厚切りジェイソンさんが達成されたFIREという考えは、いかがだったでしょうか?

将来のお金の不安を抱えつつ現在の生活をするよりは、将来のお金の不安を消すために、今の生活を頑張ってみようという気持ちになりませんでしたか?

 

私は、もしFIREを達成できたら将来楽しいだろうな、というワクワクした気持ちになりました。

そして、実際にFIREを達成させようと、投資信託のための証券口座をすぐに作りました!

 

今後、FIREを達成するまでの道のりを綴っていきたいと思いますので、あなたの是非一緒に頑張りませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました