【FIRE】投資で不労所得を得る最初の3つのステップと失敗する理由は?

FIRE

あなたは将来ずっと仕事を続けていきますか?

あなたは自由な時間を持てていますか?

 

そんな疑問にあなたはどう答えますか?

 

私は、将来は自由に好きな事をして生活したいと思っています。

それは、最近流行りの【FIRE】financial independence, retire early という生活様式でもあります。

しかし好きな事をして生活するには、仕事 = 労働による収入だけでは夢は叶いません。

ある程度お金を貯めて、貯めたお金に働いてさらなるお金を稼いでもらうシステム【不労所得】を確立しないけないのです。

 

ですが、不労所得と言っても、まず何をしたら「不労所得」が得られるのか全く分からないという意見も当然あると思います。

私も、仕事をしてある程度年数が経過するまで、「お金を得る手段 = 労働」が当然であると思っていました。

いわゆる、「働かざる者食うべからず」という思想ですね(笑)。

 

ですが、不労所得は悪い事をして得るお金ではありません。

知識と行動力を兼ね備えて得る、正当な報酬です。

そして、今それを実現させるので、一番現実的な行動が「投資」なのです。

 

ですが、「不労所得を得たい」と思っていて、その方法が「投資」だと分かっていても、なかなか成功しない人がいますよね。

 

それなので、今回は、

投資で不労所得を得る最初の3つのステップと成功しない理由

についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

投資で不労所得を得る最初の3つのステップと失敗する理由は?

【FIRE】投資で不労所得を得たいのに失敗する理由とは?

あなたは将来、不労所得を安定的に得て、経済的自由な生活をしたいと思っていますか?

そう強く思っている人はたくさんいるのに、なぜか成功していない人も多くいますよね。

そう言った成功していない人に共通して見られる、「不労所得を得る第1歩を阻む行為」をお話しします。

行動しない

これに尽きます。

え?そんなこと?と思われる方もたくさんいると思いますが、実際はそうなのです!

 

あなたはどうですか?

すでに第1歩を進めていますか?

少額でもいいので、すでに何らかの不労所得を得ていますか?

 

既に『考えている』、『いろいろ調べ始めている』人はたくさんいます。

ですが、『実際に不労所得を得ています、得はじめました』という人はそれほどいないのです。

 

その大きな違いが、「行動するか、しないか」なのです。

それなので、「自分も心当たりがある」という人は、これを機に最初の1歩を踏み出してみて下さい!

 

【FIRE】投資で不労所得を得る最初の1歩が踏み出しやすい投資方法とは?

不労所得を得る最初の1歩を踏み出してみましょう!

と言っても、「何をしたらいいか分からない」という人も多いと思います。

それなので、そういう人にオススメするのが「投資信託」です。

 

投資というと、「ギャンブルなのでは?!」と思う人や、「資産が減る可能性があるんでしょう」といった心配をする人もいるでしょう。

ですが、「ある程度」のリスクを許容しないと前には進みません。

ここで大事なのが「ある程度のリスク」です。

これは決して「一か八かのリスク」でもないですし、「借金するかもしれないリスク」でもありません!

 

何故かというと、「投資信託」は100円から始める事ができますので、怖い人は100円だけ買っておいてしばらく様子見ることもできます。

投資信託は、価格が日毎に変わるものなので、100円の投資信託が次の日には101円になったり、98円になったりすることもあります。

ですが、きちんとした実績のある投資信託を買えば、

過去の実績から推測すると、長期間維持すれば、やがて資産は増える

という事が期待できます。

そしてその時に許容すべきリスクは、

  • 日々、資産額の多少の上下はある
  • 世界の情勢によっては、「ある一定期間」資産が下がる事がある

という事です。

そして、もしそのリスク(例えば資産が減っているという事)に直面した時の対処法が、

  • 何もしない(焦って売らない)
  • (気持ちの余裕があれば、)低価格の時こそ、買い増す

という事だけ守るだけなのです。

 

なぜなら、きちんとした投資信託に投資すれば、価格が下落して一時的に資産が減ったように見えても、時間をかけると、また資産は戻ってきてさらに増える可能性は高いからです。

その時に焦って投資信託を売ってしまう人が、成功しない人になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

【FIRE】投資で不労所得を得るためにする、最初の3つのステップとは?

では、実際に投資信託不労所得を得るための、最初の3つのステップをお伝えします。

 

【FIRE】投資で不労所得を得るためにする最初の3つのステップとは?:① ネット証券口座を作る

不労所得を得る最初の1歩は、ネット証券口座を作る事です。

投資信託を買うには、「証券口座」を開設する必要があります。

ここでオススメしたいのが、店舗の窓口ではなく「ネット証券」です。

ネット証券の利点は、

口座開設に手数料が掛からない(もしくは低い)→ 安い

という事です。

これから資産を形成する上で、「手数料 = 証券会社に取られるお金」という事を常に頭に入れておく必要があります。

そして、今後も「手数料」が掛からない、もしくは手数料が低いものがあれば、積極的に手数料のない方を選択していくようにしましょう。

 

ネット証券のデメリットとしては、

手続きは自分で行なう

という事です。

特にインターネットが苦手な人は少し手間に感じられるかもしれませんが、大抵は「口座を作る」をクリックした後は、手続き方法が優しく誘導されます。

必要な提出書類はネット上で登録も出来ますし、もちろん郵送する事も可能です。 

 

次に、どの証券口座を作ればいいか分からない人も多いかと思います。

それなので、個人的なおすすめのネット証券会社として以下の2つの証券会社です。

どちらも口座開設料は無料です!

買う事ができる投資信託が違うので、2つとも持っていてもいいと思いますし、どちらか一方のみを持つという選択肢でも全く問題ないと思います。

 

【FIRE】投資で不労所得を得るためにする最初の3つのステップとは?:② ネット証券口座に入金する

証券口座を開設したら、次に証券口座に入金してみましょう!

証券口座でも、取り扱い方は通常の銀行口座と一緒です。

口座番号がありますので、貴方がお持ちの銀行口座から通常通り振り込みするだけです。

 

ですが、もう一手間かかりますが、証券口座と連携できるネット銀行口座を作りますと、さらなるメリットがあります。

  • 証券口座に入金しなくても、ネット銀行口座から投資信託購入費が自動で引き落とされる
  • ネット銀行口座の普通預金の利息が上がる

 

オススメした、SBI証券や楽天証券も連携できる銀行口座があります。

証券会社 ネットバンク 銀行口座の利息
SBI証券 住信SBI銀行 0.02%
楽天証券 楽天銀行 0.1%

 

それなので、この際、証券会社と連携するネットバンクを開いて、貴方の通常の銀行として使ってしまうのも1つだと思います。

 

【FIRE】投資で不労所得を得るためにする最初の3つのステップとは?:③ ネット証券口座で投資信託を購入してみる

次のステップとして、まずは一度、投資信託を購入してみましょう!

投資信託は、100円から購入する事が出来ます。

それなので、証券口座開設まで出来ましたら、ぜひその勢いで一度「投資信託」を購入してみましょう。

何故かというと、証券口座を開設までしたけど、そのまま放置している人も結構いるのです。

そして何より、投資信託を購入してみる事で、資産の変動を実際に目にする事が出来るからです。

 

銀行口座に入れた場合は、100円の価値は、いつまで経っても100円のままです。

ですが投資信託は、株のようなものなので、常に価格が上下します

それなので、100円で買ったらその価格が常に維持される訳ではありません。

もちろん、98円になったり、場合によっては80円になる可能性もあるのです。

ですが、反対に100円で買ったものが101円になったり、気がついたら120円になったりする事もあります。

 

これまで、株や仮想通貨、FXなどを経験された事がない人は毎日価格が変わる資産に違和感を感じるかもしれません。

100円が98円、101円になる分だとそれほど痛手はありませんが、例えば、100万円の資産が一時的にても80万円になったのを見るとドキドキしてしまうかもしれません。

それなので、まずは少額の投資信託を買ってみて、価格の推移に慣れて下さい。

そして、もし価格が下がった時は、「何もしない」です!

価格変動に慣れてきたら、少しずつ資産を買い増していってみましょう。

過去の実績からすると、きちんとした実績のある投資信託を長期間維持すれば、資産が増えると証明されています!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

あなたは、経済的自由を手に入れて、仕事に縛られない生活をしていきたいと思いませんか?

そう強く思っているのに、最初の一歩がまだ踏み出せていないということはありませんか?

 

でも、心配しないでください、貴方だけではありません。

ですが、「成功する人としない人」の大きな違いは、最初の一歩を踏み出すかどうかなのです。

行動するか、しないか

当たり前に聞こえるかもしれませんが、この最初の一歩を踏み出すのに何ヶ月もかかったり、思ってはいてもついつい忘れてしまっていたという人が、実は本当に多いのです。

 

それなので、せっかく思い立ったのなら、今、経済的自由を手に入れる最初の一歩を踏み出してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました