安く楽しく海外旅行!オススメ無料&半額で出来るニューヨーク観光7選

旅行

あなたは旅行が好きですか?

ニューヨークというと、日本人が好きな海外旅行先の一つです。

ですが、物価が高く、海外旅行に行っても、ホテルや食事だけで結構お金を使ってしまいますよね。

そんなあなたに、ニューヨークを安く楽しく旅行出来る観光方法をお伝えします。

ニューヨークでも無料でできる観光ってあるんですか?

それなら、ぜひ行ってみたいです。

あなたもぜひ楽しんでください!

スポンサーリンク

安く楽しく海外旅行!必ず行くべき無料&半額で出来るニューヨーク観光6選とは?

では、早速おすすめ観光場所をお伝えします。

あなたもニューヨーク観光する時には、ぜひ行ってみてください。

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光①】 自由の女神を無料で観れる方法とは!?

この方法は、マンハッタン島の最南端からスタテン島という島に行くフェリーに乗ることです。

実は、このフェリーはなんと無料なんです!

そうすると、往復とも自由の女神像がしっかり正面から見えます。

(復路の方が少し遠目に見えます)

 

自由の女神があるエリス島に下り立ちたい、女神像の内部に入りたいという人向けではありませんが、混んでいないところでゆっくり観たいという人にはおすすめです。

 

自由の女神像が正面から観れる、マンハッタン島からスタテン島のフェリーの乗り方は?

マンハッタン島の最南端のバッテリー公園内にあるフェリー乗り場South Ferryからフェリーに乗ります。

まずは、ニューヨークの地下鉄の赤線①でSouth Ferry駅黄色線RでWhitehall St&South Ferry駅まで行きます。

それ以外に、緑線④⑤Bowling Greenも近くです。

特に赤線①と黄色線RはSouth Ferry方面の出口を出たら正面が、Staten ferry乗り場になります。

フェリー乗り場には大きく『STATEN ISLAND FERRY』を書かれています。

中に入るとエスカレーターがあり、上に上がれるようになっています。

かなり広い待合所があり、無料トイレもとても綺麗です。

お店も入っているため、買い物もできます。

DOOR1~3と3ヶ所のドアがありますが、直前になったらどのドアから乗船したらいいか放送が入ります。

英語が聞き取れなくても、周りの人は1ヶ所に集まってきますので、同じようなところにいれば問題ありません。

乗船時間は30分ほどです。

自由の女神を見るだけでなく、海側からマンハッタン島も見えますし、ちょっとしたクルーズ気分も味わえます。

 

自由の女神像が正面から観れる、マンハッタン島からスタテン島のフェリーは混んでないの?

このフェリーは一般的に混んでいませんが、唯一平日の通勤時間は混雑が予想されます。

  • スタテン島〜マンハッタン島に向かう朝7〜9時まで
  • マンハッタン島〜スタテン島に向かう夕方5〜7時まで

公式の時刻表はこちらから。

通勤時間帯は15分ごと、それ以外は30分に1本は出ていますので、ぜひ一度乗って見てもらえればと思います。

 

公式サイトの時刻表の黄色に囲まれた部分の時刻に出発する便が、通勤時間にあたり、混雑が考えられます。

エリス島に渡って自由の女神を近くで見るには?

一般的には、ニューヨークの自由の女神を観る場合は、エリス島までフェリーで行き、自由の女神像の中を見るには、チケットの予約が必要になります。

観光当日に、マンハッタン島からエリス島へのフェリーの出ているバッテリー公園にもチケットを買うブースがありますが、特に夏はかなり並びますので、予約することをオススメします。

先ほどのスタテン島行きのフェリー乗り場のあるバッテリー公園に、チケット売り場がありますので、当日券はそこで手に入れてください。

チケット売り場は写真にあるこの茶色い建物の中です。

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光②】 綺麗な建物と天井画が楽しめる場所とは!?

 

次にオススメが、Grand Central駅です。

ニューヨークの中心地、ミッドタウンにあり、鉄道の駅、メトロの駅があります。

 

さらに、空港から市内をつなぐNYC expressバスの発着地もここなので、ニューヨーク観光での目印となる場所です。

天井画として素敵な星座が描かれています。また、緑色も綺麗ですよね。

地下はフードコートと一部の電車のホームがあります。

フードコートの間から電車のホームにアクセス出来るのが不思議な感じです。

【Track+番号】が駅のホームになっています。

また、ここには古くからある有名なオイスターバーもあるので、ぜひ行ってみてください。

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光③】 ニューヨーク近代美術館を無料で観れる方法とは!?

ニューヨーク近代美術館(Moma)は、金曜日の午後4時から8時までは無料になります。

公式サイトはこちらから。

住所:11 West 53 Street, New York, 10019

   (18 West 54 Streetにある入り口の方が分かりやすいです。)

開館時間:通常 10:30am – 5:30 pm (水曜日のみ8pmまで)

 

美術館のある建物に入ったら、チケットオフィスで無料チケットを手渡ししてくれます。

これをもらわないと入れないので注意してください。

ゴッホモネの絵もありますので、美術に興味のある人は、ぜひ行ってみてください。

ちなみにこの無料時間は金曜日の夕方〜夜にあたりますので、結構混んでいます。

見所は5階に集中していると思いますので、まずはそちらに行くことをオススメします。

 

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光④】 教会に行ってみませんか?

ニューヨークの教会といったら、セント・パトリック大聖堂でしょう。

セントラル・パークから少し南にいったところで、近代美術館の近くにあります。

とても綺麗な建造物ですが、これも無料で内部を見ることができます。

内部のステンドグラスもとても綺麗です。

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光⑤】 無料で遊べて、ショッピングも出来る場所とは!?

ニューヨークのハドソン・ヤード(Hudson Yards)って聞いたことありますか?

ニューヨーク中央付近の西側海岸沿いの場所で、現在再開発が進んでいるところです。

かなりの高層ビルが立ち並ぶ中に、THE SHOPSと呼ばれる複合ショッピングセンターとVesselと呼ばれる階段状のオブジェがあります。

この階段は無料で誰でも登れますので、是非登ってみて景色を楽しんでみてください。

最寄駅:地下鉄7番 34th Street-Hudson yards駅降りてすぐ

 

【必ず行くべき無料ニューヨーク観光⑥】 ビルで囲まれた都心のオアシスとは!?

ニューヨークの都会のオアシスといったら、セントラル・パークです。

 

みんなそれぞれ、レジャーシートを持ってきて日向ぼっこをして楽しんでいます。

サラリーマン風の人がお昼にご飯を食べたりもしています。

公園内には、メトロポリタン美術館があり、公園近くにはグッゲンハイム美術館、ニューヨーク自然史博物館、フリック・コレクションもあります。

ゆっくりと公園を散策しながら、時々美術を鑑賞するのもオススメです。

 

【必ず行くべき半額ニューヨーク観光⑦】ミュージカルを半額で観れる方法とは!?

ニューヨークの中心地、タイムズスクエアのこの階段の下(裏)にチケット売り場があります。

ここで、当日のミュージカルのチケットに空きがあった場合、直前に売り出されます。

その日にどの演目のチケットが買えるかは、tktsボードの下のスクリーンに映し出されます。ここには値段も書いてあります。

私が行った時は、

  • Chicago
  • My Fair Lady
  • Phantom the Opera

などがありました。(もっと多数あります)

チケット売り場の係員は高いチケット(良い席)からオススメされますので、もし「2階席でもいい」「安いチケットでいい」といったことでしたら、安いのを下さいと言った方がいいです。

 

ただし、有名どころのチケットは予約の時点で売り切れてしまっていますので、どうしてもみたいと決めている演目がありましたら、予約して観た方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、ここに書いた以外にもニューヨークには観光オススメスポットがたくさんあります。

お金をかけなくても十分楽しめるポイントを挙げましたので、興味があるところがありましたらぜひ行ってみてください。

 

私は、2018年に慢性疲労症候群の症状が出た後は、普段の生活でストレスが貯まると意識して旅行に行くようにしています。

普段日常生活をしていて疲れている脳やカラダのためにリフレッシュ旅行を取ってあげるのはどうでしょうか。

私たちは、日常生活や仕事のことで常に頭を悩ませてしまったり、夜遅くまで考え事をしてしまうこともあるかと思います。

旅行は、飛行機に乗る、ホテルにチェックインする、観光をするなど、日常生活とかけ離れたことで頭を使わないといけないことがたくさんあります。

そんな非日常的な刺激は、疲れた頭を強制的に別のことを考えなければならない状態に誘導してくれますので、今までぐるぐる悩んで考えていたことを断ち切ることができます。

いつも考えていることを断ち切ることができる状態は、脳の疲労の回復にとても効果があります。

 

普段の生活で疲れたあなた、一時的に非日常の世界に没頭して、普段の悩みを忘れてみるのはどうでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました