決断できない→行動力upのための5つの心理の考察と弱点克服方法

ライフスタイル

あなたは、何かをやろうとした時、決断が早くできて、行動力がある方ですか?

先のことを考えると怖くて、決断できません…

行動力を上げたけれど、決断するのは怖いな…

あなたもその様なことを思ったことはありませんか?

何かを行動することは、自分で決断をして前に進む必要があります。

けれど、やったことがない事、その先に何があるか分からないことをするって勇気がいりますよね。

 

けれど、自分の弱点を理解して、行動力を上げることができれば、あなたは今後いろいろな事に挑戦ができ、素敵な人生を送ることもできる様になります。

 

今日は、

  • 何が決断を怖いと思わせているのか
  • それを克服して行動力をあげるにはどうしたらいいか

ということについて、『慣れない一人での海外旅行』になぞらえて解説していきます。

 

ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法とは?

何か新しいことをやろうとした時、あなたの決断力を迷わせ、行動力を低下させるものはなんでしょうか?

それを理解することで、あなたは自分の弱点を理解し、それを克服する手段を手にすることができます。

 

今日は、あなたが決断をするときの気持ちと行動力につながる考えを『慣れない一人での海外旅行』と考えて一緒に考察していきましょう。

 

 

冒険しない事は、人生が楽しみが広がらない あなたの好奇心を大事にしてあげよう

 

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法① 失敗を想像していませんか?

決断できない心理① 失敗が怖い
 

海外旅行の際、最初に英語に遭遇するのは、海外の『入国審査』ですね。

  • 何を質問されるんだろう?
  • 英語が聞き取れるかな?
  • ちゃんと返事ができるかな?

 

いつも英語を話していない人は、心配なことをたくさん想像してしまうでしょう。

 

他の人はサクサク進んでいるのに、あなただけ止められてしまって時間がかかってしまうような失敗をしたら、もう二度と旅行に行きたくなくなりますよね。

そういうことを考えていると、「もう海外旅行なんて行かなくていいか」とさえ思ってしまうこともありますよね。

 

失敗を想像するだけで脳は疲れてしまいます

失敗を想像すると、「怖い」と思うようになり、

後悔したくない

失敗したくない

しんどい

という気持ちが湧き上がってきて、決断を遅らせ、行動しない原因になります。

 

そう思ってしまうことが、『決断ができない→行動力がない』という行動につながってしまうのです。

 

あなたは日本語だったら、航空券を買ったりホテルを予約したりできますよね。

それなので、本当は行動力がないわけではないのです。

頭の中で、起きてもいない失敗をいろいろ想像してしまうので、怖くなって決断できない・行動できないにつながってしまうのです。

 

けれど、実際あなたは最悪の想像をしているだけで、実際に起きることはあなたの想像した難しさよりも10分の一か100分の一のことなのです。

 

【決断する→行動力upへの弱点克服法①-1】実際に起こり得る事は、あなたの想像よりも楽なことが多いことを知っていてください。
【決断する→行動力upへの弱点克服法①-2】失敗を想像ばかりすると怖さが増すので、起こっていない失敗を想像し過ぎないことが大切です。
 
 

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法② 知らないことは怖くないですか?

決断できない心理② 知らないから怖い
 

やっとなんとか入国審査を通過しても、その後あなたは空港から市内に向かわないといけません

 

どうしたら、あなたが予約したホテルまでたどり着くでしょうか?

電車? バス? タクシー?

電車は市内まで通っていますか?

その場になって知らないと、怖いことはたくさんあります。

 

それなので、前もって空港から市内に行く方法を調べておきましょう

 

最近はインターネットで空港から電車の駅までの道のりを写真付きで示してくれる人もいます。

バスの車体の写真を載せてくれてる人もいます。

電車やバスも前もって予約出来るサイトもあります。

日本の旅行サイトでも、空港から市内のホテルまで送迎を予約することも出来ます。

日本にいるうちに、市内に行くバスを往復分予約してしまえば、その場になって知らない人に英語では仕掛けなくても大丈夫です。

 

そのように、すでに経験して知っている人から情報をもらっておくと、あなたは知らない場所でも迷わず行動力を持って進むことができます

 

【決断する→行動力upへの弱点克服法②】知らない事は前もって調べて、何をするか具体的な行動計画を決めておくと良い

 

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法③ 他人からどう見られるかを気にし過ぎていませんか?

決断できない心理③ 他人からどう見られるか気にし過ぎている
 

さて、市内に着いて小腹も空いたと思いますので、まずはご飯を食べましょう。

 

慣れない場所で店を決め、英語で話しかけないといけないですよね。

「私、英語得意じゃないし」

「相手が自分の英語を聞き取れなかったら恥ずかしい」

とか考えて、一人ではレストランやカフェには入れないなんて事はありませんか?

 

あなたの決断や行動を妨げているのは、

うまくできない自分を誰かに見られたら恥ずかしい

という気持ちではありませんか?

 

最近は、どこでも都会は外国人が多いです。

変な言葉遣いで話しかけてくる人もいれば、自国の言葉で堂々と話しかけてくる人もいます。

あなたも日本にいて外国人が話しかけてきたら、頑張って聞き取ろうとしますよね。

 

そのように、海外であなたが頑張って話しかけたら、相手は英語を頑張って聞き取ろうとしてくれます。

英語を話さなくたって、レストランではメニューを見て指差したり、隣のテーブルの人の食事を指差してもいいのです。

だからって、相手はあなたのことを「英語ができない人だな」とか、いちいち判断しませんよ。

 

みなさん、自分の仕事で忙しいですからね。

あなたのオーダーさえ理解できたら、さっさと行ってしまいます。

 

それなので、自分の決断に対して、他の人がどう見ているか、どう判断するかな気にしてなくていいのです。

 

【決断する→行動力upへの弱点克服法③】他人はそれほどあなたの決断や行動を気にしていないことを知ろう
 

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法④ 時間の余裕がないときに決断しようとしていませんか?

決断できない心理④ 時間がないときの決断は、選択肢の多い決断ができない
 

ご飯を食べている間に、辺りも暗くなってきました。

さて、市内にいますが、ホテルまでどうやっていったらいいでしょうか?

 

暗くなると、心細くなります。治安も心配です。

ですが、日中に一度でもホテルを見に行ったり、チェックインしに行っていたら、場所がどこにあるのか分かるので、少し暗くなってもサクサク行動できます。

 

時間がないときの決断は、気持ちが焦ってしまって、頭に浮かぶ選択肢が少なく、そこから行動を決断しないといけなくなります

 

このように、時間がない時、時間に制限があるときは、良い決断が出来なくなってしまいます

あなたはこのように、大事な決断を時間がない時にやろうとしていませんか?

 

【決断する→行動力upへの弱点克服法④】何か重要な決断をするときは、時間に余裕がある時にする方が、良い決断が出来、行動力向上にも結びつきます。
 

決断できない→行動力upのための心理の考察と弱点克服方法⑤ 疲れているときに決断しようとしていませんか?

決断できない心理⑤ 疲れているときは、質の良い決断ができない

ホテルに帰ってきたあなたは、1日新しいことに触れ、いろいろ考えて決断したため、とても疲れていることでしょう。

 

決断には、脳のエネルギーをたくさん使います。

それなので、脳が疲れている時に大事な決断をするのは、「もうこれでいいや」という気持ちで決定してしまうことがあります。

疲れている時は、何も考えたくないです。

その場合、もし明日決めて良い決断だったら、明日に回しましょう。

一度脳を休めてしっかり眠ると、また決断のエネルギーは満ちたあなたに戻っています。

 

【決断する→行動力upへの弱点克服法⑤】大事な決断は、エネルギーがある時におこないましょう

 

スポンサーリンク

決断をして、行動することのメリットとは?

あなたが、決断をして行動することにはいくつかメリットがあります。

 

 

短時間で決断できて行動できる人は、このメリットを知っているので何度も新しいことを試しているのかのしれません。

知らないことを経験する時は、スリルを楽しむ 

ホラー映画を見たり、ジェットコースターに乗ったりといったことを、ちょっと怖くてもなんども試したくなる人がいますよね。

人間はちょっとしたスリルを楽しいと思う性質があります。冒険心とも言いますね。

 

何か決断をして、新しい行動をすることも同じです。

知らないことをする時のスリル感を楽しむと、それを続けたり、何度も試してみたりすることができます。

旅行好きな人の中には、一度行ったことがあるところに何度も行くより、新しいところばかりに行く人もいます。

気分は、インディージョーンズですね。

知らないことを経験する時は、充実感・達成感を感じる  

あなたは、本を読み終えたり、仕事に区切りがついた時は、充実感や達成感を感じたことはありませんか?

あなたが決断して行動した新しいことも、それをやり遂げると充実感達成感を感じることが出来ます。

 

充実感や達成感はあなたを幸せにしてくれ、やり遂げた後は幸せホルモンが出るのでゆっくり眠れるようになります。

 

旅行も一緒です。

初めて行くところはちょっとした怖さもありますが、旅行が終われば達成感と楽しかった思い出のみ残ります。

そして、その旅行の成功が、あなたを次の旅行へと導くこととなるでしょう。

知らないことを経験する時は、知る喜びを感じる

新しいことを経験していると、少ししか時間しか経っていないのに、やたら数時間時間が経ったような感じがする時があります。

 

初めての道を通る時はドキドキしながら歩き、時間が長くかかった感じますが、周囲を見回し、いろいろなことを発見する喜びを感じることでしょう。

 

けれど、何度も同じ道を通っていると、慣れてしまって新鮮さが感じられなく、時間も短く感じるようになります。

 

それは本を読む理由と同じです。

読書は他人の経験から自分が経験したことがないことを学び、知識を得る方法です。

 

人は、知らないことを経験すると、人生が豊かになり、その次に新しいことを経験した時の選択肢が増えるようになります。

また、次の新しいことに触れる時も、知恵がつき、経験したことがないのに良い対処法が思い浮かぶことがあります。

そのことを知っていると、知らないことを経験することで新しいことを知る喜びを感じることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

決断できない→行動力アップにつながる弱点克服法は以下の通りです。

 

今まで経験したことがないことを、決断して実行するのは、誰もが怖いと思います。

けれど、見方を変えれば、冒険者はその「怖さ」を楽しむことができ、新しいことをやり遂げた充実感・達成感を感じることができます。

また、何かを達成したことは自分の自信にもつながりますので、また次の新しいことをする勇気が増えていきます。

 

あなたも、あなたの人生の冒険者になりましょう!

 

毎日同じことをすることは、安心感があります。

ですが、それと引き換えに『ドキドキする気持ち』『ワクワクする気持ち』を手放してはいませんか?

 

たまには人生にスパイスを入れて、新しいことを決断し、行動し、そのスリルを味わってみませんか?

 

そうすることで、あなたは自分に自信がつき、次々行動力を発揮し新しい経験を積んでいく人生を送ることができるようになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました