シンプルなクローゼットに!!洋服を増やさない6つの質問と洋服管理法

ミニマリスト

こんにちは、医療系ミニマリストのDr.ミニマリストです。

あなたのクローゼットはきちんと整理されていますか?

それとも洋服でパンパンですか?

たくさんある洋服の中から選ぶのが一苦労です。

今日着たい洋服が探し出せなくて、諦めたことがあります。

クローゼットが洋服でパンパンだったりお気に入りの洋服が見つからないと、あなたはストレスに感じませんか?

もし以下のことが当てはまったら、あなたはストレス改善のために洋服の買い方を見直す必要があります。

  • 自分で選んで買ったはずなのに、一度も着ていない服がある
  • ここ数年着ていない服でクローゼットが満たされている
  • たくさん洋服を持っているのに、お気に入りの数着を着まわしているだけ

 

けれど、一度洋服を買うのをやめて、クローゼットの中を整理してみると、あたなのそのストレスはあっという間に改善されるかもしれません。

 

今日は、あなたのクローゼットと洋服整理の手助けとなる記事を紹介し、シンプルで素敵なクローゼットを目指して断捨離する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

【今日のトピック】Tシャツ1枚に必要なのは、2,700リットルもの水。エコを目指し、1年間買い物をやめた結果

最近、ネットニュースWomes’s Healthで大変興味深い記事を目にしました。

Tシャツ1枚に必要なのは、2,700リットルもの水。エコを目指し、1年間買い物をやめた結果
ファッションが環境に与える影響は、最近の話題のひとつ。Tシャツを1枚作るのには2,700リットルもの水、ジーンズ....

(Women’s Health. 2019年3月18日配信より)

 

シンプルで素敵なクローゼットにする:記事のポイントは?

  • 女性は平均たったの7回着用後、服を手放してしまう
  • 衣類の大半がゴミと化している
  • ミレニアル世代の独身女性は、1年で少なくともファッションに約8万円弱費やしている(※)

(※)オーストラリアウィメンズヘルス調べ

あなたはどうでしょう。

実は、洋服の作成には大量の水が使われていると言われています。

Tシャツを1枚:2,700リットルもの水
ジーンズを1本:3,871リットルもの水

ですが、女性はあっという間にその服を着なくなったり手放したりしてしまいます。

 

私はこの記事を見たときに、自分の持っている洋服、洋服を買おうとする自分の行動について、ふと見直す良い機会となりました。

あなたは、あなたが頑張って働いて得たお給料で買った洋服を、どれだけ着ていないか考えたことがありますか?

自分が昨年買った洋服を思い返した時、使用頻度が1年に7回未満の服は何枚もあります。

しかも、買った年に着なかった洋服を、来年以降に着るでしょうか。

毎年少しずつ洋服のデザインや流行は変わってきます。自分の体型がそれほど変わらなくても、自分の好みが変わって「似合わないな」と思うことも出てくるでしょう。

 

シンプルで素敵なクローゼットを目指すあなたの理想のクローゼットはこんな感じではないでしょうか。

  • 自分のお気に入りの服だけが入っている
  • 持っている服をどれもよく着ている
  • 朝、洋服を選ぶときに、迷わずパッと見つけられる

こんな感じだったら、毎朝クローゼットを見て洋服を選ぶのが楽しくて仕方ないですよね。

 

シンプルで素敵なクローゼットを目指しているあなたに、『洋服を買う前にする6つの質問』を与えますので、次に洋服を買う前に自分自身に尋ねてみてください。

シンプルで素敵なクローゼットにする:洋服を買う前に6つの質問をしてみませんか?

質問は、以下の6つです。

  1. 新しい服を置くスペースは確保されていますか?
  2. 似たデザインや色の服で被るものは持っていませんか?
  3. 1年に7回以上着る予定はありますか?
  4. あなたが買おうとしているその服は、本当に気に入っていますか?
  5. あなたのクローゼットにまだ着ていない服はありませんか?
  6. あなたは今年、何枚の服を断捨離しましたか?

 

新しく買おうとしている服は、確かに魅力的に見えます。

でも、

新しい服を収納するスペースは十分にあったっけ?

好みの色やデザインだから、同じようなものを既に持っていたかな?

この前買った服、まだ値札を貼ったままだ!

買う前に、自分にちょっと質問するだけで、洋服が増える行為にストップをかけることが出来るかもしれません。

ストップをかけられれば、あなたはシンプルで素敵なクローゼットを維持することが出来るのです。

 

そして、これらの質問に答えるためには、自分は家にどのような服をどれだけ持っているか知ってないといけません。

家にあったかもしれないけど、まあどうせ使うからいいか

という答えになってしまうと、結果的にクローゼットがパンパン、使う機会がない、ということになり、「買った」という行為にだけ満足するだけのことになってしまいます。

買い物依存症、もしくは、買い物するだけで安心するという、買い物が自分の満足感を満たすだけの行為になってしまっていないでしょうか

 

正直、買っただけでしばらく袋から出してなかったって洋服、これまでにありませんでしたか?

もしそれでも買ってしまったら、「1つ増やしたら1つ減らす」を実行しましょう。

また、自分が1年でどれだけの服を断捨離(捨てることを)しているのか把握することで、『買う』という行為にストップをかけることができます。

 

ちなみに、今日のトピック記事にあるロッティーさんは、「1年間洋服を買わない」と決め、それを実行するためにどの様に工夫したかも書き出しておきますね。

 

  1. 友達から借りる
  2. 今ある服でコーディネートを楽しむ
  3. 一緒に付けるアクセサリーを利用し、着回し気分で遊ぶ
  4. クローゼットの中を整理して、今ある服を把握する
  5. 着れなくなったら自分で直してみる
  6. 自分で作ってみる

 

スポンサーリンク

シンプルで素敵なクローゼットにする:著名人やミニマリストの洋服の管理を学びませんか?

今日のトピック記事にあるロッティーさんは、「1年間洋服を買わない」ということを決めて実行したそうです。

「1年間洋服を買わない」というのは、ミニマリストの生活に似ていませんか?

 

ミニマリストは、自分のお気に入りのスタイルを確立し、数少ない洋服で素敵に着こなしている人たちがほとんどです。

また、ミニマリストでなくても、有名な著名人たちも、洋服をある程度一定にして着まわしているのです。

実際に10〜20着で着こなしている方もほとんどです。

だからといってセンスがないようには全く見えません。

それどころか、その姿は自分の洋服にこだわりを持ち、1つ1つ大切に着ていてスタイリッシュに見えます。

 

また、今ある洋服で上手に着まわしているのも特徴ですね。

そういったミニマリストのクローゼットを見ると、持ち物が少なく、とてもシンプルでみてて気持ちがいいです。

 

あなたにも、著名人やミニマリストさんたちの素敵なクローゼットを紹介しますので、ぜひ参考にしてみませんか?

 

著名人から学ぶ、シンプルで素敵なクローゼットと着こなし術

元アメリカ大統領:オバマ氏

よく見かける写真だと思いますが、オバマ元大統領は、グレーかネイビーのスーツのみで着こなしていました。

けれど、全く不快な感じはなく、むしろきっちりしている印象がありますよね。

いつも同じ洋服もこだわりを持ってきたら、説得力のあるコーディネートです。

 

Apple創業者:スティーブンジョブズ氏

彼のスタイルは有名ですね。

上は、黒のタートルネック、下はジーンズ、靴はスニーカーといつも同じ洋服を着ていました。

しかもオバマ氏よりもだいぶカジュアルなものを選択していましたが、彼の服装を見ても不快に思う人はいなかったのではないでしょうか。

シンプルなスタイルも、こだわりを持って続ければ、スタイリッシュですよね。

 

Facebook CEO:マークザッカーバーグ氏

彼は、シンプルなクローゼットをフェイスブックの写真に載せたことで、シンプルライフを実行していることが分かりました。

彼は自分の仕事ややりたいことに集中したいために、服選びに時間を使いたくないと言っています。

そのこだわりで、シンプルな服を着まわしていますが、こだわりも含めての納得のコーディネートですね。

ミニマリストから学ぶ、シンプルで素敵なクローゼットと着こなし術

ミニマリストしぶさんのクローゼットと着こなし術

ミニマリストしぶさんは20歳代のミニマリストです。

とてもスタイリッシュで、自分の生き方に芯のある生き方をしている方です。

洋服もとても少ないのですが、こだわり抜いたものを着まわしています。

【コーデの例アリ】3年間365日、毎日同じ服を着てわかったメリット&デメリット

ミニマリストmamiさんのクローゼットと着こなし術

mamiさんは女性ミニマリストの方ですが、シンプルライフを大事にし、とても素敵に暮らしています。

部屋は5.2畳なのですが、持ち物を少なくしながらも観葉植物をしっかり置いたり、スペースを有効に活用して素敵な生活をされています。

【クローゼット収納】無印の購入品で収納改革!

白ミニマリストエリサさんのクローゼットと着こなし術

白ミニマリスト・エリサさんは、名前にある通り、白を基調とした部屋で、白色を大切にして生活しているミニマリストさんです。

【私服の制服化のヒント】ミニマリスト流 私服の制服化→定番化

ミニマリストYoutuber仙人さんのクローゼットと着こなし術

私の一押しYoutuberでもある仙人さんは、美容師さんとして働いているので、とてもファッショナブルな方なのに、とても笑いのセンスもあります。

声が素敵で、それだけで見ていて面白い動画なので、ぜひ一度見てみてください。

ミニマリスト美容師の年間ファッションコーディネート(仙人の場合w)

スポンサーリンク

シンプルで素敵なクローゼットにする:素敵な洋服の厳選法とシンプルライフを本から学びませんか?

シンプルで素敵なクローゼットの魅力は分かったけど、このようなクローゼットが自分でできるか自信がないという方に、手助けとなる本を2冊オススメします。

素敵な本で、シンプルで素敵なクローゼットのことだけでなく、シンプルライフの素晴らしさも載っていますので、ぜひ目を通してみてください。

フランス人は10着しか服を持たない

 

人生がときめく片づけの魔法

現在はアメリカに移住した、近藤麻理恵さんの片づけの本です。

持ち物を見て、「心がときめく」かそうでないかで断捨離を行います。

クローゼットが洋服でパンパンだけれど、なかなか洋服の数を減らせないあなたは、一度読んでみて断捨離法の参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

このように、ミニマリストを目指して洋服を断捨離すると見えてくる素敵な未来は以下のことが考えられます。

 

  • 着まわしを楽しめる、着まわしのアイディアが広がる
  • アクセサリーで楽しめる
  • 自分の好きな服、好きなスタイルが徐々に分かってくる
  • クローゼットがいつも片付いていて、気持ちがいい
  • 洋服を選ぶのに迷わない
  • 日常生活の支出が少なくなる

理想的なシンプルライフを目指し、今年も1つ新しい目標を決めて頑張ってみませんか?

自分の好きなイメージ通りの洋服に囲まれ、着まわしを楽しんで、さらに節約にもつながる1年を過ごすことが出来る生活を送りましょう。

 

断捨離」は出来てもなかなか継続することは難しいことですね。ついつい、買い物の時にものを手に取ってしまったり、この位いいかなと思って買ってしまったり。

もし、洋服が好きでついつい買ってしまう人に、この記事を読んでいただければ、洋服を買わない、もしくは買いたくなった時にふと立ち止まって考え直す手段になればと思い、ご紹介します。

何も無理して「買わない」という選択をするのではなく、「1年間買わないチャレンジをしてみよう」「着まわしでどのくらい遊べるのだろう」なんて気分で始めるのもいいかもしれませんね。

私も、「1年間洋服を買わないチャレンジ」をしてみたいと思います!

1年後、素敵な報告ができたらいいなと思います。

 

〔追記〕2019年5月23日

 本日までで、今年はまだ洋服を買っておりません。今後も「今年は洋服を買わないチャレンジ!」を随時報告させていただきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました