【気分転換】日本にいて欧州の教会と名画を見る美術館に日帰り旅行?

旅行
Pocket

ヨーロッパの雰囲気漂う触れる陶版名画美術館って知っていますか?

う〜ん?

最近では、歌手の米津玄師さんがNHKの紅白で歌った会場としても有名ですね。

米津玄師と聞いて思い出しました!

徳島県にある、『大塚国際美術館』です。

絵画のレプリカを陶版で作り、触れるようにしている珍しい美術館です。

けれど、絵画だけではなく教会などの建物の壁画もそのまま再現してしまっているところがすごいんです!

(本物の公認です)

それなので、ここに行くと、ヨーロッパの教会の内部にいるような錯覚に陥るくらい、再現力のすごい陶版美術館なのです。

 

さらに、陶版で作っているため、美術館を訪れたあなたはそれを触れるんです!

 

日常生活で疲れたあなたに、とっておきの週末旅行をお伝えしちゃいます!

 

東京から大塚国際美術館に行くにはどうしたらいいのかお伝えしますので、時間があれば是非見に行って見てください。

 

この日帰り旅行をオススメする人

  • 日帰り(または1泊)でどこかストレス解消に出かけたい人
  • 日本にいて非日常やヨーロッパの雰囲気に触れたい人
  • 美術や教会の壁画に興味がある人

スポンサーリンク

東京から陶版名画を見に大塚国際美術館に日帰り旅行はできるの?

 

四国にあるこの美術館、東京から日帰り旅行ができるって知っていましたか?

 

四国の徳島県というと、関東から向かうのは遠そうなイメージがありますが、実は日帰りで美術館に行くことも出来るのです。

 

東京から大塚国際美術館に行くには、旅行日程はどうなるの?

まずは、東京から大塚国際美術館への日帰り旅行の日程を立てたらどうなるかお伝えします。

 

東京 – 徳島間は飛行機での移動をオススメします。

ANA派 往路 ANA281 羽田8:50 – 徳島10:05 バス 空港 10:41 – 美術館 11:13
  復路 バス 美術館16:43 – 空港 17:20 ANA286 徳島18:50 – 羽田20:10

 

JAL派 往路 JL45 羽田7:00 – 徳島8:10 バス 空港 9:41 – 美術館 10:19
  復路 バス 美術館15:43 – 空港 16:20 JL462  徳島17:30 – 羽田18:50

 

どうですか?

 

結構しっかり5時間半は、美術館に滞在できますよね。

 

大塚国際美術館はとても広いので全体を見るのに時間がかかります。

また一つ一つの陶版名画、協会の内壁のレプリカがとても魅力的なので、そこにジッと何十分もいることができますので、あっという間に時間が経ってしまいます。

 

あなたが計画している滞在時間よりも多めに時間を取られると思った方がいいですよ。

 

東京から陶版名画を見に大塚国際美術館に行くには、東京から徳島まではどう行くの?

東京から徳島は、飛行機での移動がオススメです。

ANA (羽田 – 徳島)便

  羽田 → 徳島     徳島 → 羽田
ANA281 8:50 ~ 10:05   ANA280 7:20 ~ 8:35
ANA283 13:30 ~ 14:45   ANA282 10:45 ~ 12:00
ANA285 16:40 ~ 17:55   ANA284 15:20 ~ 16:40
ANA287 19:20 ~ 20:35   ANA286 18:50 ~ 20:10

 

JAL (羽田 – 徳島)便

  羽田 → 徳島     徳島 → 羽田
JL453 7:00 ~ 8:10    JL452 7:30 ~ 8:45
JL455 9:45 ~ 11:00   JL454 8:50 ~ 10:05
JL457 11:50 ~ 13:00   JL456 11:45 ~ 13:00
JL459 13:35 ~ 14:45   JL458 13:45 ~ 15:00
JL461 15:30 ~ 16:40   JL460 15:25 ~ 16:40
JL463 18:30 ~ 19:40   JL462 17:30 ~ 18:50
JL465 19:40 ~ 20:50   JL464 20:30 ~ 21:45

 

こう見ると、朝イチで飛んで、最終便で帰って来れば、日帰りで東京-徳島往復ってできるんですね。

 

少しゆっくりしたい人は、仕事後の最終便で徳島に飛んで、翌日1日美術館をゆっくり回ることも可能です。

 

東京から陶版名画を見に大塚国際美術館に行くには、徳島空港から美術館まではどう行くの?

徳島空港から大塚国際美術館までは、バスが走っています。

空港からは、バス②番乗り場の『鳴門公園行き』のバスに乗り、『大塚国際美術館前』で降りてください。

徳島空港から大塚国際美術館までは、約30分で、470円です。(2019年6月現在)

 

 

大塚国際美術館行きのバスは、徳島空港が始発ではありません。

徳島駅前から出て空港に寄るので、徳島駅前からの時刻も一緒に載せておきます。

徳島駅前近くに宿泊する人は参考にしてください。

 

徳島駅前 – 徳島空港 – 大塚国際美術館へのバス

徳島駅前 徳島空港 大塚国際美術館
9:00 9:41 10:19
10:00 10:41 11:13
11:00 11:41 12:13
12:00 12:41 13:19
13:00 13:41 14:13
14:00 14:41 15:13
15:00 15:41 16:13

 

大塚国際美術館 – 徳島空港 – 徳島駅前へのバス

大塚国際美術館 徳島空港 徳島駅前
10:48 11:25 12:06
11:43 12:20 13:01
12:43 13:20 14:01
13:48 14:25 15:06
14:43 15:20 16:01
15:43 16:20 17:01
16:43 17:20 18:01

 

時刻表のように、空港から大塚国際美術館までは30〜40分ですが、徳島駅前から美術館までは1時間20分くらいかかってしまいます。

 

ちなみに、徳島駅前と美術館の間のバス運賃は、710円です。

 

それなので、徳島駅前に宿泊して大塚国際美術館に行こうと考えている方は、若干時間がかかることを知っておいてください。

 

東京から陶版名画を見に大塚国際美術館に行くには、美術館のチケットはどのように買ったらいいの?

大塚国際美術館のチケットは、美術館の受付でも売っていますが、それ以外の買い方もあります。

 

  • 公式サイトより
  • 宿泊先の宿で
  • コンビニエンスストアで

 

公式サイトから買うときは、こちらから。

また、前売券受渡所が、鳴門市、徳島市、淡路島の観光ホテルにありますので、そこでも買えます。

私はホテルのレセプションで前売り券を買いました。

 

コンビニエンスストアは、全国のローソンのローチケ、セブンイレブンのセブンチケットで売られています。

 

いずれにしても、美術館の受付は、朝イチ以外は結構混んでいますので、前もってチケットを買っておくことをお勧めします。

 

特に、昼前から団体客が大型バスで来ますので、その前に受付してしまうことをお勧めします。

 

東京から陶版名画を見に大塚国際美術館に行ったら、他にはどこに行ったらいいの?

大塚国際美術館は、徳島駅前からバスで1時間20分ほどです。

 

美術館の近くには、徳島で有名な『渦潮』を見ることができます。

歩いて行ける距離に、『うずしお観潮船』の船着場があります。

うずしおは、毎日見える時間が変わっており、必ず時間をチェックしてから観潮船に乗るようにしましょう。

公式サイトはこちらから。

船の出る時間と渦潮観測時間が載っています。

 

うずしお観潮船は2種類ありますので、お好きな方を選んでください。

  • アクアエディ (予約制、水中展望室のある高速船)
  • わんだーなると (予約不要)

 

私は、うずしお発生と全く異なる時間に行ったら、船が出ることもありませんでした。

(渦潮が見れないと、船さえ出さない様子です。)

気をつけてくださいね。

 

船はちょっと苦手だなと思う人は、鳴門大橋の中に渦潮の見える観潮室『渦の道』があります。

そちらから見てもかなり迫力があります。

足元が透明になっていて下が見れるようになっていますが、高所恐怖症の人にとってはちょっと怖いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

遠いと思っていた徳島も、飛行機をバスを使ったら、日帰りで大塚国際美術館に行くことも可能です。

 

飛行機での旅程は以下の通りです。

ANA派 往路 ANA281 羽田8:50 – 徳島10:05 バス 空港 10:41 – 美術館 11:13
  復路 バス 美術館16:43 – 空港 17:20 ANA286 徳島18:50 – 羽田20:10

 

JAL派 往路 JL45 羽田7:00 – 徳島8:10 バス 空港 9:41 – 美術館 10:19
  復路 バス 美術館15:43 – 空港 16:20 JL462  徳島17:30 – 羽田18:50

 

滞在での注意点は2つです。

美術館の受付は、朝イチ以外は結構混んでいますので、前もってチケットを買っておくことをお勧めします。

 

徳島駅前に宿泊して大塚国際美術館に行こうと考えている方は、美術館前のバス時間が1時間20分かかることを知っておいてください。

 

もし、あなたが日常生活で疲れていたり、ストレスを感じていたら、ちょっと足を伸ばして非日常を楽しみませんか?

 

大塚国際美術館は、ちょっと行っただけで海外の美術館や礼拝堂に実際に行ったような気分になれる場所です。

 

ぜひ、楽しんでください。

 

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました