ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用の4つのコツは?

ミニマリスト
Pocket

皆さんは、生活費の節約をするのに良いのは、現金生活だと思いますか?

それともクレジットカード生活だと思いますか?

クレジットカードって慣れてないからなんとなく不安だわ…

キャッシュレス」と言う言葉をよく聞くようになって、カードかスマホで支払いをする事が多くなったな!

 

いろいろな考えがあると思いますが、私が最強節約術と考えるのは、ミニマリスト生活クレジットカード生活の組み合わせです。

 

まず、ミニマリストとは身の回りに置くモノを最小限にして生活をしている人です。

そして、身の回りの物を増やさないように生活しているので、自然と買い物とそれに伴う支出をげらすことが出来るようになる生活方法・思考法でもあります。

その行動は、そのまま節約にも繋がっています。

 

それに加えて、支出をする場合、クレジットカードで支払いをするミニマリストが多いのも事実です。

それは、クレジットカードを使う方が節約生活につながると分かっているミニマリストが多いからです。

 

今回は、なぜミニマリスト達クレジットカード生活最強節約術と口を揃えて言うのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用の4つのコツは?

 

 

それでは、ミニマリストクレジットカード生活最強節約術であると考えている根拠を4つ述べていきます。

 

  1. クレジットカードのポイント利用で節約できる
  2. クレジットカードの明細で、支出の詳細を把握出来る
  3. クレジットカードの利用限度額を下げることで無駄な支出を抑えられる
  4. クレジットカードのキャッシング枠を0にすることで不要な借入を抑えられる

 

この5つのクレジットカードのメリットを利用することで、あなたは最強の節約生活を送ることが出来ます!

 

ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用コツ① クレジットカードのポイント利用で節約出来る

 

あなたはクレジットカードを持っていますか?

 

1つでもクレジットカードを利用していると分かるのですが、クレジットカードを利用するとポイントを貯めることが出来ます。

そして、そのポイントを日頃の買い物に使用したり、旅行に行ったりすることが出来るのです。

 

具体的には、

  • 楽天カードを使って楽天ポイントを貯めて、楽天市場での買い物に利用する
  • イオンカードを使ってポイントを貯めて、イオンでの買い物に利用する
  • 航空系カード(ANA, JALなど)を使ってマイルを貯めて、航空券代に利用する

といったことが可能になります。

 

同じモノを買うなら現金で支払いをすると何もポイントは貰えませんが、クレジットカードを使用するとポイントがもらえて、その後の買い物にそのポイントを現金の代わりに利用することが出来ます。

 

せっかくタダでポイントが貰えるなら、もらって次回の買い物に利用する方が節約だと思いませんか?

月数千円〜数万円分ポイントを貯める強者もいますよ!

 

入会費・年会費無料のクレジットカードもありますので、持っていない人はぜひ1枚作って使ってみるとそのメリットがどういったものか分かるでしょう。

 

お得なポイントのもらえるクレジットカード① 楽天カード

楽天カードは、入会費・年会費無料のクレジットカードです。

 

お得なポイントのもらえるクレジットカード② ANAカード

 

ANAカード

 

私は旅行が趣味なので、航空券を交換できるマイルが貯まるクレジットカードを普段使用しています。

 

もらった「マイル」は、最終的に「特典航空券」(マイルで交換してもらえる航空券、マイルを持っていれば無料で手に入れられる)に変えることができます。

私は2018年、この特典航空券で、ロサンゼルス往復航空券パリ往復航空券を手に入れました。

もちろん無料です!

そしてまだ海外航空券に変えられるマイルが残っています。

 

『マイ友プログラム』に登録する | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】『マイ友プログラム』に登録する。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

ここからアクセスして紹介者「00059773」を入れてくれたら、申込者と私の両方がマイルをもらえます!

これは、買い物をして航空会社のマイルを貯めています。さらに1年間の買い物の総額によってポイントが貰えますので、さらにマイルが貯まりやすくなりますね!

ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用コツ② クレジットカードの明細書を見て支出の目的を確認できる

 

あなたは毎月の支出の詳細を確認していますか?

 

毎月食費に幾らかお金をかけたか、被覆費がいくらだったか、交際費がいくらだったら理解していますか?

 

現金で支払いをしている人は、銀行の預金通帳を記帳しても、いくら出金したかは分かっても、何の目的に使用したかまでは覚えてないことが多いですよね。

 

「いつの間にかお金がなくなっていた」とは、なんの目的で使用したか分かっていないからそう感じるのです。

 

それに対してクレジットカードを使用している場合、1ヶ月に何に支出したか一目瞭然です。

それは、クレジットカードの利用者はネットで必ず利用明細を確認できるからです。

 

大事なのは、1ヶ月にいくら出金したかではなく、何の目的に支出したかです。

 

私は先月たくさん洋服を買っちゃったかなぁ〜

先月は付き合いのゴルフがたくさんあったな!

 

食費代、衣料費、交際費など項目別に見ることで、あなたが何にお金をかける傾向があるのかを把握し、次の月の支出をどう改善したら良いか見直すことが出来ます。

ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用コツ③ クレジットカードの利用限度額を下げることで無駄な支出を抑えられる

 

クレジットカードの場合、限界なく買い物が出来そうで怖い…

 

と思っている人はいませんか?

 

安心して下さい!

クレジットカードには、使い過ぎないように防止する機能もついています。

それが、「クレジットカード限度額」です。

 

クレジットカードは、使える額を設定することが出来ます。

この設定額を超えるとクレジットカードで買い物が出来なくなりますので、あなたの高額な衝動買いを防止してくれますし、いくら使ったのかという目安にもなります。

 

また、ネットから利用明細が見られますので、あといくら使えるかも確認することが出来ます。

 

現金の場合は、銀行キャッシュカードに1ヶ月の出金制限をかけることは出来ませんので、思った以上に出金してしまっていることってありませんでしたか?

 

出金に制限をかけるということも、節約生活には重要なポイントとなります。

 

ミニマリストが教える最強節約術!クレジットカード利用コツ④ クレジットカードのキャッシング枠を0にすることができる

 

クレジットカードでお金を借りると、利息が高いと聞いたことがあるのですが…

 

と思っている人はいませんか?

 

これも安心して下さい!

普通の買い物の時にクレジットカードを使用しても、利息はかかりません!

 

利息がかかるのは、クレジットカードで「キャッシング」をした時です。

 

キャッシングとは、クレジットカードの利用可能額内で現金を引き出すことです。

どうしても現金が必要で、銀行のキャッシュカードを忘れた時などに臨時で利用する人もいます。

また、海外旅行中に現地の現金が必要になった時にも、現地ATMで現地のお金を引き出すことが出来るので便利な機能でもあります。

 

ですが、このキャッシングは前もって、「利用しない」とか「利用額○円」と設定することが出来ます。

それなので、キャッシングを利用しなければ利息のことを心配する必要はないですし、キャッシングの利用額をごくわずかにしておくと、万が一利用する場合も利息の心配をする必要はありません。

 

このように、クレジットカードの機能を一部制限をかけるということも、節約生活には重要なポイントとなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

買い物の時に、クレジットカードを使うのか、現金なのかは人それぞれだと思います。

 

ですが、買い物時にクレジットカードを使うと、次回買い物時に使えるポイントを貰えたり、航空券に変えられるマイルを貯めることも出来るのです。

 

無料でもらえるポイントやマイルなら、貰った方が節約生活につながると思いませんか?

 

もし「食わず嫌い」みたいな感じで、クレジットカードを使ったことがない、大きな金額の買い物の時にしか使ってみたことがないということでしたら、一度メインで使ってみることをオススメします。

 

支払いの際も、カードを出すだけなので、お釣りをもらったり数え直したりする必要はありませんし、財布が重くなることもありません。

 

大事なのは現金であれクレジットカードであれ、「使いすぎない」生活をすることです。

また、日常でいつも節約を考えすぎて、脳が疲労してしまってもいけません。

 

上手くクレジットカードの機能を利用して、快適な生活、ストレスのない節約をして、余ったお金や手にしたポイントで楽しい人生を送ることをしませんか?

 

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました